プロミスの豆知識とたくさんの情報を掲載中

プロミスatm、自動契約機について

プロミスでお金を借りる場合の申し込みを自動契約機(無人機)でする場合に、多くの疑問や不明な点があると思います。
私は自分でもプロミスから融資を受けていたことがあるので、その体験をこれからプロミスで借りる人のためにお伝えします。

プロミスATMは全国に1,750店舗以上あり、1,000円単位で利用できますが硬貨は使えません。基本的には夜9時ごろまでは使えます。場所によってATMの営業時間が異なるので、PCやスマホなどでプロミス公式サイトから情報を得てください。

有人店舗で契約しても無人契約機で申し込みをしても自宅や勤務先(職場)への本人確認はあります。また、年収や過去の金融利用履歴(クレジットカード・ 自動車ローン・住宅ローン)も融資審査の対象となっています。

プロミスのキャッシングは極度型ローンと言われ、限度額まで何回でも借り入れ返済ができます。返済方式はリボ払いが採用されているので、借入額にたいして金利が増減します。

プロミスATMの設置場所は全国北海道から沖縄まで、47都道府県すべてにあり、特に政令指定都市(大都市)などには駅周辺や繁華街のビルの中など、非常に多くの場所に設置されています。

一番早くプロミスで借りるには?

最も早くプロミスで申し込み、審査、借り入れするならWEB(インターネット)からの申し込みがおすすめでしょう。

最初プロミス公式サイトにある3秒診断シミュレーターを使うことで、プロミスで借りられるのかどうか(本審査)を受けられるかどうかがわかります。
この時点で否決された場合にはほぼ融資は無理となります。

この3秒診断で本審査OKとなった場合には免許証、健康保険証、住民票など、自分が本人であることを証明できる書類を用意します。
そして個人情報などを入力して申し込み申請します。その後メールで届く審査結果で合格が出たら、そのメールに書いてあるカード発行予約番号をメモかプリントアウトして自動契約機でその番号を打ち込んでカード発酵します。

プロミスのカードが使えるATMはどこにあるの?

まず、プロミスの看板が出ている自動契約コーナーのATM、三井住友銀行のATM、コンビニATMなどです。
利用できるところは日々変更される場合があるので、プロミス公式サイトでの確認をしてください。

プロミスはどんな人が借りられるの?

基本的には会社員、自営業、パートアルバイト、派遣社員などすべての人が申し込みできます。
ただし、安定的な収入が絶対条件となっているので、無収入や生活保護などを受けている方は申し込みしても審査事態に落ちてしまします。

また、父子家庭、母子家庭の方でも、安定的な収入があれば融資は受けられますので間違わないでください。

プロミスの審査が否決、落選、不合格の場合

審査に落ちてカードが作れない場合、他の消費者金融アコム、アイフル、などに融資申請しても同じく審査は通りません。
これら消費者金融はCIC/JICCなどの個人信用情報機関で申込み本人の金融履歴を見て貸せるかどうかを判断しています。
従いまして、プロミスで審査が通らなかった場合はプロミス社員が個人信用情報機関にその状況を登録するので、他の金融機関では借りられなくなります。

PAGETOP